Home 》 企業インタビュー 》 (株)大船軒

(株)大船軒

大船の地で122年、世紀を越えて愛される駅弁を作っています
―代表取締役社長 今野高之さんにお話を伺いました。
明治31年創業の駅弁を作っている会社です。明治32年に日本で初めて駅弁サンドウィッチを売り出し、大正2年に鯵の押寿しの販売を始めまし た。
鯵の押寿しは今でも一番売れている商品です。100年以上、いわゆる世紀越えで続いている駅弁は全国的にも珍しく、特にメインの商品で続いているのは弊社だけだと自負しております。

こだわりの押寿し
押寿しにはこだわりがあり、今でも手作りです。鯵は手でさばき、特別な赤酢で〆ております。お米は関東風に握り、関西風に軽く押しているだけなので、一粒ずつが生きていてつぶれていないのが特徴です。この製法は販売開始当時から守り続けており、現代にも通用している、稀にみる商品だと思っております。
押寿し以外にも、地元、湘南鎌倉に根差した食材を使いながら、様々な駅弁を作っております。伝統を守りながら、時代に合わせて商品開発を行い、お客様にご提供しております。
コンビニでの展開
―これから新たにチャレンジしていきたいことがありましたら教えてください。
駅弁は駅を中心に販売しておりますが、電車が高速化する中、駅周辺だけでは十分な需要を喚起できなくなっています。若い人にもっと知ってもらうためにも、市中でも展開したいと考えておりました。
今、湘南地区のコンビニで弊社のお弁当コーナーをつくっていただく話が進んでおります。コンビニ向けにアレンジしたものや、お寿司の貫数を減らしたものなど、手に取りやすい価格帯の商品等を揃える予定です。駅弁は温めなくてもおいしく、車や電車の中でもにおいがしないので、家の外で食べる食事として最適だと思っております。
鎌倉女子大さんとのコラボ弁当を期間限定などで販売していますが、コンビニ用のものも作っていきたいと考えております。学生さんたちに馴染みのある場所、価格帯で販売できますので、彼女たちのやる気にもつながると思っております。
あくまでも駅弁はローカルの代表なので、地元を大切に、地元密着で販売していきたいと考えております。 

この仕事が好きな人!
―そんな大船軒様ではどんな人材を求めていますか。
この仕事が好きな人、ということに限ります。自分たちが作ったものでお客様の喜ぶ顔が見たい、という人に来てほしいです。

―総務部総務課 見波(みなみ)さん、製造1部品質管理課ラベル表示グループ T.Yさんにお話を伺いました。
―お仕事内容を教えてください。
T.Y:消費期限ラベルの発行・貼り付け、押寿しやお弁当の掛け紙、スリーブ(箱)の在庫管理・発注、新商品等が出たときの使用原材料やアレルゲン・栄養成分等の内容表示の校正が主な業務です。弊社では押寿しやお弁当を1日に約4,000食製造していますので、消費期限ラベルも4,000枚貼り付けをします。
―職場はどんな雰囲気ですか。
T.Y:二人態勢でラベルの貼り付け作業をしますが、作業中はひたすら黙々と集中しており、修行僧のようだと思います(笑)。それ以外の時間は他部署のいろいろな人とお話しする機会もあって、メリハリがあります。明るい人が多い職場だと思います。

やる気があればいろいろできる!
―会社の魅力はどんなところですか。
T.Y:五年前にパートで入社しましたが、契約社員、正社員の登用試験を受け、現在正社員として働いています。やる気があれば社員を目指せる、というのがこの会社の魅力だと思います!食品業界は初めてでしたが、資格取得の支援などもあり、チャレンジしていけるのが楽しいです。
また、大きな会社ではないので、いろいろな部署の人と接し、顔の見える仕事ができます。おかずを手作業で作っているような温もりがあるところも好きですし、昔ながらの“古き良き”雰囲気が残っている会社だと思います。一方でJR東日本グループのグループ会社ということで、関連会社のオートメーション化された工場の見学や、食材発注の一元化によるコストダウンの取組ができるといった面もあり、他所にはない魅力がある会社です。
職場ではいろいろな提案を受け入れてもらい、改善していけるので、とてもやりがいがあります。

―どんな職種、仕事があるのでしょうか。
見波:大きくは製造と販売があり、製造は購買(仕入れ)、調理、炊飯、押寿しの製造、鯵切り、お弁当の調製、洗い物など細かく分かれています。基本的にはその職専門でやっていただきますが、忙しいときは他部署への応援など、助け合いながらやっています。

―最後に、どんな人を採用したい、またはどんな人と一緒に働きたいですか。
見波:現在、10代から70代まで幅広い年代の方が働いていて、ものづくりや食に興味がある人が多いです。お客様の口に入るものを作っていますので、安全衛生面のルールを遵守できる方というのが大前提になります。
T.Y:やる気のある方と働きたいです!
365日、24時間眠らない会社ですので、自分の働きたい時間、スタイルを選んで働くことができると思います。
「弁当」は日本が世界に誇れる食文化の一つだと思います。貴方も一緒にお弁当箱に夢を詰め込んでみませんか?
日付:2020-10-22