Home 》 企業情報 》 (同)鎌倉新聞社/鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids

(同)鎌倉新聞社/鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids

鎌倉駅前プログラミング教室forKidsロゴ
発表会写真
発表会写真2

企業情報

私たちは、
教室の理念:生徒一人ひとりに寄り添い、プログラミングを通じて子どもたちを豊かにする教室のビジョン・目指す生徒像:プログラミングを武器として自らアイデアを発想し、実現し、発信できる人へ教育方針①:一人ひとりの進度・理解度に沿った個別最適化された授業
教育方針②:内発的動機づけに基づき、興味を開発する教育教育方針③:自律性を育む教育
以上の方針で教室運営を行っています。
生徒一人ひとりに寄り添い、プログラミングを通じて子どもたちを豊かにする
事業者名
(同)鎌倉新聞社/鎌倉駅前プログラミング教室 for Kids
産業分類
学習塾
住所
〒248-0012(地域区分:鎌倉地域)
神奈川県鎌倉市御成町11-2ヤノヤビル2F
Tel/Fax
050-3697-9387/
URL
 こちら
Email
こちら
フェイスブック
kamapro4kids
資本金
50万円
設立年
2018-4(年-月)
代表者名
本田耕一朗
従業員数(正社員)
1
アルバイト
2
(データ管理番号)3449

求人情報

求人情報 1
小中学生向けプログラミングスクール スタッフ募集
雇用
アルバイト
職種
小中学生向けプログラミング講師
(職種区分:その他)
仕事内容
子どもたちにプログラミングを教えるお仕事です。 小中学生に直接スキルを教え、デジタルなものづくりの楽しさを自然と、自主的に学ぶことができるよう支援します。

そして以下の業務を通じて、メンター自身も成長していくことができるようになっています。

■Facilitation –ファシリテーション-
技術を教えるだけでなく、子供たちをリラックスさせ、場を盛り上げ、やる気を引き起こすための「ファシリテーション」を重視しています。子供たち一人ひとりへのコミュニケーションはもちろん、会場全体の雰囲気づくりのスキルも求められます。

■Programming -技術指導-
ビジュアルプログラミング言語(Scratch)、JavaScript、HTML/CSSなど、様々なプログラミング言語を使って、「子どもたちにデジタルのモノづくり」の楽しさを伝えます。授業では、子どもたちが教材に沿ってゲーム開発を行い、躓きやすいところやエラーやバグが起こった時の対処、追加したい機能の実装を学生スタッフがサポートします。小学生・中学生といえどハイレベルな質問や要望が来ることもあり、高度な技術力が要求されるケースもあります。
またオリジナル作品開発時には、自分のアイデアを具体化し、計画を立て、開発に落とし込んでいきます。プログラミング能力だけでなく、考えを形にする力(表現力)や、段取り力(設計力)も身に着けます。
企業などが開発の現場で行っているプロジェクトマネジメントと同じ流れを実際に体験することで、プログラミング能力だけでなく、スケジュールや優先順位を考えるなどの「段取り力」も身に着けてもらうことを狙いとしています。

■Education -教育現場の最前線に立つ-
プログラミング教育のクオリティの追求と、スタートアップ企業として成長を追求しています。レッスンは常に進化しています。 学びを実践しながらも新しい学びの研究を続け、開発現場の最前線からも情報を仕入れ、通っている子どもたちの成長にどこよりも真剣に向き合います。
勤務時間
月〜金 16〜20時 ※週2日〜、1日1コマからOKです。
休日・休暇
シフト制
給与
時給 : 1,100円〜1,500円 ※何らかのプログラミング言語を学んでいる方/1,400円〜 ※授業以外の業務(教室運営補佐、打ち合わせ等):1,020円 ※研修期間(教材研修/実技研修30時間) : 1,012円
加入保険
労災保険/
募集人員
2
勤務地
(〒2480006)神奈川県鎌倉市小町2-6-5(地域区分:鎌倉地域)
勤務地コメント
鎌倉駅東口から徒歩5分
必要とする免許・資格
1.何らかのプログラミング言語を学んでいる方(独学でも問題ありません) もしくは 2. 学校で教育学を専攻している or 専攻していた方
募集期間
2021年06月30日
登録日/更新日
2021年04月24日
連絡先住所
(〒248-0012)神奈川県鎌倉市御成町11-2
部署
求人担当
名前
Email
こちら
Tel
050-3697-9387
Fax
ハローワークでの求人
なし
応募方法
連絡先へ直接応募してください
人事担当者からのコメント
「生徒一人ひとりに寄り添い、プログラミングを通じて子どもたちを豊かにする」という理念をもとに教室を運営しています。

小中学生にスキルを教え、デジタルなものづくりの楽しさを伝えることを通じて、自身も成長していきたい方のご応募、お待ちしています。